和裁の「文鎮」   

e0147025_20525220.jpg

和裁の文鎮(ぶんちん)は、別名もあり裁縫に使われるので、裁鎮(さいちん)とも言われてます。
使い方は、ヘラ付けの時に2尺ざしが動かない様に押さえて使ったり…
着物の背中・脇・前身頃の長い一直線の所を縫ったあと、鏝で折りを付ける時に、布を押さえて使います。
あと、色んな面で着物を作る場合、活躍します。 これを上手に使いこなす事が、早縫いのポイントになるんです(o^∀^o)
長さ⇒15㎝~18㎝ 幅⇒5.5㎝ 厚さ⇒2.5㎝ 重さ⇒2.6㎏あります。

たまに、腕のたるみを引き閉める為に持って運動してます\(+×+)/ 結構、イイ感じですよ♪
[PR]

by wasaishi | 2008-04-20 20:52

<< 着物(反物の)棒 丸み >>