ぐし   

e0147025_20293253.jpg

e0147025_20293262.jpg

e0147025_20293297.jpg

「ぐし」とは。
留袖、喪服とかの襟(えり)・裾・襟下・袖口にしている…「縫いび付け」または、「ぐしび付け」と言います(o^∀^o)
縫い方は、表に出る目をごく小さく。間隅を0.3㎝開けて縫っていきます。
黒地に絹しつけ糸の白糸でしていくので、出る目・間の間隔を揃えながら縫うのは、とても大変なんですよ( ̄∀ ̄)
これを、しつけ糸(この説明は、後日…)と間違えて取る方が、たまに居たりします。(ρ_;)
たぶん…取った方も苦労したんじゃ、ないかと…思いますp(´⌒`q)
写真の一枚目が、「ぐし縫いで、解りやすく㎝を置いてみました。 二枚目が、襟のとこで… 三枚目が、襟下と裾です。
[PR]

by wasaishi | 2008-07-07 20:29

<< しつけ 花?です。 >>