2008年 06月 05日 ( 1 )   

縫い方   

e0147025_21293853.jpg

運針で手の動かし方をしましたが!あれを基本に縫ったのが「本縫い」(写真の縫い目)です。(*^o^*)
布を縫い合わせる時に、最も多く用いる縫い方で、運針は主として この練習であると言われます。
手を動かす事で、針が布に対して直角に入り、真っ直ぐに縫う為には左右の親指を一直線上になる様に端と端(15~20㎝)を持って縫います。
縫目基準は4㎝の間隅で布の片側に出ている針目数は、「絹物」で。単衣⇒10~12針。袷⇒8~10針です。表と裏、針目の出方が一緒です。
「余談ですが…(≧ε≦)私は、寮に入り和裁を習い始めて最初は一日中「運針」の練習でした。80㎝ぐらいの白い布で、糸を何本も「ちくちく」して、夜 寝る前も練習し寝てました。
着物を縫う事が出来始めても毎朝、仕事始めは、みんなで五分間に何本縫えるか競争してましたよ(⌒~⌒)
[PR]

by wasaishi | 2008-06-05 21:29