「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

花?です。   

e0147025_1021115.jpg

e0147025_1021183.jpg

e0147025_1021117.jpg

家の庭に「紅葉」の木があります。ちょっと変わってて、葉っぱが“ ギザギザ”してるんです(・o・)ノ
たまたま、見てたら何かなってたので、母に聞いた所! 「紅葉の花だよ」って…(゜∀゜;ノ)ノビックリでした。
初めて見たので、載せてみました(⌒~⌒)
一枚目が「葉っぱ」で… 二枚目が「なって」るので。 三枚目が「花」です。(*^o^*)
[PR]

by wasaishi | 2008-06-29 10:21

耳ぐけ   

e0147025_209376.jpg

「耳ぐけ」とは。
肌襦袢とか浴衣とかの脇の縫い代を身頃に縫い付ける時にします。
「折りぐけ」の時に脇の説明したのと同じで…「耳ぐけ」は、折らないで 縫い付けるんです。
縫い方は、耳から0.2~0.3㎝入った所に小さく裏・表・裏の順に針目を出し、次ぎの針目(2.5㎝ぐらい)までは、布と布の間をくぐらせる。
写真は生地が白だったら白なんですが\(^ー^)/解りやすく黒糸でしてみました~。
[PR]

by wasaishi | 2008-06-24 20:09

梅雨です(ノ△T)   

e0147025_11221119.jpg

梅雨に入ると、仕立てをするには、やりにくい時期になります。
何でかって言うと…
着物は、湿気にとても敏感なのです(∋_∈) 湿気で縮んだりして、寸法が表地と裏地に差が出てしまい、裏時が“たるみ”ます。
特に「喪服」は、はっきり出るので、”地のし“を普段は一回で良いのを二回したりしてます(^◇^)┛
あと、「除湿機」!が大活躍してます( ̄・・ ̄) 仕事中にしてたら、髪の毛がパサパサになるので…朝、起きてスイッチを入れ、仕事をしだしたら切って(まだ、そんなに暑く無いんですが…暑いとエアコンのドライにします。)仕事をするんです。
梅雨時期の除湿機は、とても便利で、友達とか姉に勧めたら、喜んでました(^_^)v部屋とか洗濯物が乾くと…♪
写真のは、二時間して溜まったんですよ 。除湿機は、8年ぐらい使ってます(`∇´ゞ
[PR]

by wasaishi | 2008-06-17 11:22

くけ方   

e0147025_20592823.jpg

e0147025_20592841.jpg

e0147025_20592898.jpg

e0147025_20592867.jpg

「くけ」とは、単衣の着物を仕立てる時に、前、後ろ身頃の脇を縫った時に縫い代が、動かない様に止める縫い方です。
袷の場合は、表布と裏布があり縫い合わせるから縫いしろは、止めなくても動かないです。
脇の縫い代は”みみ“がほとんどです。みみ1㎝を折り(一枚目の写真)身頃に待ち針で止め(二枚目の写真)ます。
縫い方は、折った折山のすぐ内側に針を通って(1㎝ぐらい)表に1針(・)のくらい救い、また折山に…の繰り返して縫います(三枚目の写真)
表に出た縫い目が四枚目の写真です。(解りやすく黒糸にしてみました)このやり方を「折りぐけ」と言います(^◇^)┛
単衣の裾は経った(切った)所なので、同じ幅で二回折るから「三つ折りぐけ」と言います。
[PR]

by wasaishi | 2008-06-08 20:59

縫い方   

e0147025_21293853.jpg

運針で手の動かし方をしましたが!あれを基本に縫ったのが「本縫い」(写真の縫い目)です。(*^o^*)
布を縫い合わせる時に、最も多く用いる縫い方で、運針は主として この練習であると言われます。
手を動かす事で、針が布に対して直角に入り、真っ直ぐに縫う為には左右の親指を一直線上になる様に端と端(15~20㎝)を持って縫います。
縫目基準は4㎝の間隅で布の片側に出ている針目数は、「絹物」で。単衣⇒10~12針。袷⇒8~10針です。表と裏、針目の出方が一緒です。
「余談ですが…(≧ε≦)私は、寮に入り和裁を習い始めて最初は一日中「運針」の練習でした。80㎝ぐらいの白い布で、糸を何本も「ちくちく」して、夜 寝る前も練習し寝てました。
着物を縫う事が出来始めても毎朝、仕事始めは、みんなで五分間に何本縫えるか競争してましたよ(⌒~⌒)
[PR]

by wasaishi | 2008-06-05 21:29

運針   

e0147025_2112328.jpg

e0147025_21123287.jpg


和裁では、波縫いの事を「運針」(うんしん)と言います。
運針は布を縫い合わせる為に必要な技術であり、和裁の基礎的な技術は、「運針に始まり運針に終わる」とも言えるぐらいです。能率的に良い製品を完成させる事は、この運針技術に熟達する事によって可能となります。
“運針の姿勢”
1、両手をひじから曲げ、水平に前の方に出す。 2、手首を曲げ、両手親指先を向かい合わす。 3、少し下向きになり、眼より布まで約30㎝、胸より布まで15~20㎝、両手指先の間隅を15㎝~20㎝位にする。
”針の持ち方、運び方“
1、親指と人差し指で針と布を持ちます。(写真の一番目で、二番目は左手です)
2、布が針を通る時、布と針が直角になるよう、布が斜上45゜の位置にある時は針先を斜下45゜位に向け、親指で針先を押し、針先を布の向こうに通す。
3、次に、布を斜下45゜の位置に持ってゆき、針先は斜上45゜の方向に向け、人差し指で針先を布の手前に押し出す。
2、3の動作共に両手を十分に使い、布及び針が素早く動かします(動画の様に)
これが、基礎になります(≧ヘ≦)
[PR]

by wasaishi | 2008-06-02 21:12